案内

矯正歯科には違いがある|認定医と専門医の違いを把握しよう

痛みのない治療

女性患者

広島の歯科でインプラント治療をした後で、一体どのくらいの期間効果が持続するのか疑問に感じることがあります。インプラントは定期的なメンテナンスと、日常の口腔ケアをしっかり行なうことで、半永久的にその威力を発揮します。他の歯の補助器具などは、平均的に四、五年程度だと言われています。比べるとその差は歴然としています。入れ歯など、何年か毎に交換しなければならないものに対して、インプラントはそのような手間が必要ないため、長期的に見れば経済的だといえるでしょう。また、広島でのインプラント治療は、治療後にその付近の歯に負担がかからないので、元々ある健康な歯の寿命も長持ちさせることができるのです。また、広島でのインプラント手術には保証がつくこともあります。なかなか定着しない、インプラントの歯が抜けてしまったなど、思いもよらない問題が発生した時のために、約十年程度の保証期間を設けて、万が一の事態でも患者が安心してインプラントを愛用することができるように務めているのです。

インプラントの手術で痛みを感じることはほぼありません。通常の虫歯治療のように部分的に麻酔をかけるので、痛みが気にならないのです。麻酔をかけると同時に、リラックスさせるための方法を採用している歯科もあるので、恐怖心も和らげることができます。インプラント後の腫れなどは、治療範囲などによって変わってきますが、広島の一部の歯科では切開などをせずに手術を行なえるよう工夫していることもあるので、痛みや腫れに不安がある場合は、どのような方法でインプラントをしているのか問い合わせてみると、親切に応えてくれるはずです。